生キャラメルってどんなもの?

subpage01

キャラメルは、一説によるとアラブが発祥というお菓子で、16世紀ころにヨーロッパに広まったと伝えられています。


砂糖やハチミツなどの糖類に牛乳や生クリーム、バターなどを加えて加熱し、冷まして固めたシンプルなスイ―ツで、材料や作り方の加減によって甘さや風味、食感に違いが出てきます。生キャラメルもキャラメルのバリエーションの一つです。生キャラメルといういい方は日本独特の表現で、英語ではクリーミーキャラメルと訳されます。



「生」と付いていますが、他のキャラメル同様に加熱して作られているもので、基本なキャラメルより生クリームを多く使うことや、加熱の温度が低めであること、常温で大変柔らかな状態であることなどから新鮮さを印象付けるために「生」が使われるようになったといわれています。

本物のティーブティックの特徴をご紹介するサイトです。

また、普通のキャラメルと比べて賞味期間が短いことも「生」のイメージになっています。
生キャラメルは、1900年代の初めころからヨーロッパで広まったソフトタフィキャンディに似ているといわれています。

産経デジタル情報もきっとあるはずです。

日本では2006年に、北海道で初めて作られ売り出されて評判になり、行列ができたり、品切れが続いたりするような人気商品となりました。一番の特徴は、口どけで、舌触りの滑らかさと甘くとろける柔らかさが絶妙で、濃厚な生クリームの味わいで高級感があります。


そのため、北海道の定番のお土産の一つとして外せない逸品として定着し、現在は発売当初のようなブームは去りましたが、安定した人気を誇っています。