生キャラメルを食べてみる

subpage01

生キャラメルと言えば、前に流行っていたこともありました。


しかし、名前を聞いたことがあっても実はまだ食べたことが無いという方もいるのではないでしょうか。

生キャラメルを普通のキャラメルだと思って食べると驚いてしまいます。

普通のキャラメルは元々は固くて、口の中に入れて温まると柔らかくなります。

しかし、生キャラメルは元々柔らかいので口の中に入れる前から固形ではないのです。

ティーブティック情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

一応キャラメルとしての形は保っていますが、初めて食べると驚いてしまうことは間違いありません。
もし、生チョコを食べたことがある方はそちらを思い浮かべるといいでしょう。生チョコと普通のチョコレートでは全く違います。
それと同じです。


また、生キャラメルはとても柔らかいため普通のキャラメルと同じように常温で並べておくことはできません。
冷蔵庫で保存する必要があります。

それくらい違うものだということです。

暖かい時期ではなく寒い時期によく見かけるのも、その特性ならではです。まずはキャラメルだという固定観念をのぞいて食べてみてください。


あえて説明するならば、生クリームの濃厚なものというのが一番わかりやすいかもしれません。
最初はその口どけに驚かされるはずです。

今話題のエキサイトニュースはかなり有益な情報が揃っています。

ブームは過ぎている感じがしますが、それでもまだ残っているのはファンが多くいるからです。



物産展や洋菓子の店では見掛けることがあります。
もうすたれてしまったものだなどとは思わずに、一度食べてみることをおすすめします。