意外と簡単に自分で作れる生キャラメル

subpage01

一時大ブームを巻き起こした生キャラメル。

手に入りやすくなってお店に行列ができるようなことは減りましたが美味しくて相変わらず人気です。


生キャラメルはキャラメルと同じ作り方で作りますが、意外と簡単に自分でも作ることができます。

様々な分野の朝日新聞デジタル情報サイトについて考えます。

一番有名なお店が公開しているレシピによると、正式な材料は牛乳300ml、生クリーム150ml、グラニュー糖100g、はちみつ40g、バニラビーンズ1/4本の5種類。


全部を入れて鍋で火にかけ、40分焦げないように煮詰め、クッキングシートに伸ばして20分冷やせばできあがり。

生クリームとバニラビーンズは買い揃えておかないといけませんが、牛乳やグラニュー糖、はちみつは家にあることも多いので、思いついたらすぐ作れば、買いにいくより早いことも。

生キャラメルを家で作るときにおこりがちな失敗は分離してしまって固まらない。



というもの。
煮詰める火加減に注意することと、きちんと混ぜること、脂肪分の多い牛乳や生クリームを使うことがポイントです。


また、水あめを使ってより簡単に作ることもできます。

更に、もっと少ない材料で簡単に作れるレシピもあります。

アルガンオイルに関する情報です。

牛乳300ml、砂糖100g、バター40gのみで作る生キャラメル。

これも全てを鍋に入れ、焦げないように混ぜながら煮詰め、粘りが出てきたら火からおろしてクッキングシートに流し、冷ませば出来上がりです。
生キャラメルは冷やす前のソース状の状態で色々なスイーツに使うこともできます。


ポップコーンにかけたり、キャラメルフォンデュのソースにしたり。
プリンにいれてキャラメル風味のプリンを作ることも出来ます。

バリエーションが広げてと楽しむのも良いでしょう。