お土産に人気の生キャラメル

subpage1

生キャラメルは北海道を代表するお菓子の一つです。


購入できる場所は北海道内の空港や駅などの売店や土産物売り場や百貨店などです。
北海道外であれば、アンテナショップや物産展、インターネット通販などでも購入することもできます。



生キャラメルが誕生したのは2006年になります。

北海道紋別市にある、メーカーが製造し販売したところ人気が出て入手困難となりました。
翌年の2007年には北海道のお土産物としてテレビなどのメディアで紹介され北海道内での人気は過熱しました。
その後全国的に有名なものとなり、現在でも北海道土産の定番として、人気の商品となっています。


生キャラメルは普通のキャラメルと違い、やわらかく滑らかです。


これは原材料に生クリームをたくさん使っているからで、常温だと溶けてしまいます。


もし、お土産にする場合は、冬場でも室内で長時間持ち歩くと溶ける可能性がありますので、冷蔵便などで郵送するのがおすすめです。

夏場にはほぼ100%溶けてしまいますので、持ち歩きは避けたほうが無難です。


また、生キャラメルを使ったさまざまなお菓子があります。
ソースにしてアイスクリームやパフェ、ケーキなどと組み合わせたり、パンに練りこんだりしたものもあります。

また、最近では自宅でも簡単に作ることが出来るレシピもあります。

主な材料は牛乳、生クリーム、砂糖やハチミツなどです。



コツは焦げ付かないようにすることです。


とても簡単につくることができます。

YOMIURI ONLINEについての意見を伺いました。

生活の話

subpage2

普通のキャラメルなら、子供のころによく食べたという人が多いのではないでしょうか。お菓子屋さんで手軽に購入できるキャラメルも十分おいしいのですが、生キャラメルはもっとおいしいと評判です。...

next

生活について思うこと

subpage3

生キャラメルと言えば、前に流行っていたこともありました。しかし、名前を聞いたことがあっても実はまだ食べたことが無いという方もいるのではないでしょうか。...

next

ためになる情報

subpage4

キャラメルは、一説によるとアラブが発祥というお菓子で、16世紀ころにヨーロッパに広まったと伝えられています。砂糖やハチミツなどの糖類に牛乳や生クリーム、バターなどを加えて加熱し、冷まして固めたシンプルなスイ―ツで、材料や作り方の加減によって甘さや風味、食感に違いが出てきます。...

next

生活のテクニック

subpage5

一時大ブームを巻き起こした生キャラメル。手に入りやすくなってお店に行列ができるようなことは減りましたが美味しくて相変わらず人気です。...

next